知人と居酒屋に行ってきたんですよ。
居酒屋と言っても昼間は定食屋になってるところで、リカーは出してないんですけどね。

カツオノタタキ定食を頼んだんですけど、そこではお塩分をつけて食べると美味いという勧めていました。
多分いつもわさび醤油かポン酢で食べていたので、お塩分と言うのはついにでした。
それでもなんか幾らか物足りない感想でしたね。
お塩分を味付けに扱うなら、タタキじゃなくてカツオステーキとして食べたいなと思いました。

と言うか最近はお刺身によって、焼いたほうが好きなんですよ。
昔はお刺身があればゴハン沢山食べられるってくらいに好みだったんですけどね、最近はなかなかそれだけ食べたいって思わないというか。
お刺身用の切身も、塩分こしょう振ってオリーブオイルで焼いて食べるほうが旨いというようになってるんですよね。

逆に知人は昔は生魚がとても禁止で、取っ手ずしも食べたくないと言った感想だったのに、ここ数年はお刺身の美味しさに目覚めたとか言って、お寿司屋ちゃんを何かと食べ歩いているようです。

食べ走りと言えば少し前に国道沿いに出来た喫茶店に寄ったんですよ。
そこで食べたベーグルが美味しかった。
装いはわずか少なめかなと思うようなサイズなんですけど、ぎゅっと詰まった布地でして、ひとつも至極お腹いっぱいになりました。
イチゴジャムって生クリームが添えられていて、これをつけて取るんです。
英のお茶会に出されるクロテッドクリームですね、これはスコーンにつけてましたけど、ベーグルにつけても美味しかった。

ベーグルなら家でも作ったことがありますが、なぜか無駄に手ごわい出来ばえになっちゃうんですよね。
何が違うんだろう?http://xn--w8jyj4b7f0dx79tngnpujsyb.com/