妙な望みを見ました。ヒグマといったイノシシが出てくる望みだ。
夢の中で、あたいは後で森の中に散歩に出かけるカテゴリーを見送っていました。その森にはヒグマもいるようです。「気をつけてね」って見送りながらカテゴリーには天然コンサルの人もついているので大丈夫だろうと憧れ、ボクは帰途につきました。その家路でむちゃくちゃ体のでかい雄のイノシシに襲われました。夢の中で必死に逃げていたような気がします。
どうしてそんな夢見たんだろう?という不思議です。そういえば寝る前に「山野で遭遇するならヒグマってイノシシ、どっちがおっかないだろう」と考えていました。それがただただ望みに出てきたんですね。夢の中でイノシシに襲われたは、「イノシシの方がマシ」って判断したについてでしょうか。
ヒグマとイノシシ、とももしも襲われたらとても危険な鳥獣だ。日本国内でも死傷案件が起きています。ヒグマは基本的に人は捕食しないそうですが、ヒグマを怒らせたり、人肉の風味を覚えてしまったヒグマだったりすると人を襲って現れることもあるそうです。但し、ヒグマは北海道しかいません。イノシシは主に西日本の山中に多い鳥獣だ。気がかりや地雷からヒトを襲うこともあるそうです。イノシシは強靭な人体って素晴らしい牙を持っています。タックルされると大変です。イノシシは木などに登れないので、もしも襲ってきたら木や岩の上によじ登って止めるといった済むそうです。
山登りや山歩きは大好きなのですが、クマやイノシシに遭遇してしまったときの回答を知っておくのも大切ですね。アルファードの査定について